クラシアンの料金 | 修理やリフォームの相場を調査

クラシアンと水道料金と水利権その2

クラシアンは青森だけの料金体系じゃなくて全国共通だけど、水道料金は地域の差があるんですよね。

家庭用で20立方メートル使った場合、毎月の水道料金は、山梨で700円、大阪市では2016円、また、東京都では2688円です。だから熊本では6090円となっています。
このように高い場所も安い場所もあります。大山崎町では、4431円と言うことです。
確かに、熊本にくらべれば、安いようです。

しかし東京、山梨と比べても断然、高いですよね。
住民の方々のお話では、月あたり、水道料気が1万円を超えるお宅もあるそうです。だから住民は節水を心がけているようです。
湯船のお湯を少なくしたり、お洗濯の水を有効活用したり、雨水をためて庭木にあげたりと、住民は高い水道料金に対して、節約をするしかないのです。

ここでの問題は、クラシアンがどうのこうのではないのです。水が乏しい地域ではないのです。水に恵まれた町であることです。
水源に恵まれて、名水の町と言われているのに、どうして、水道料金がこんなに高くなってしまうのでしょうか?

実は、大山崎町では昔から、地下水を水道水として利用していたが、水道の需要が増えることに備えて、少し前から約40キロメートル離れている、日吉ダムを水源とする水を購入しています。
この費用として、ダムの建設費用、維持費など、一部負担しなければならないため、それが年間約2億5000万円にもなるそうです。
人々が使う水道水が、ダムから来ているのです。なのでそれには、ダムの諸費用が乗っており、結果として、水道料金が高くなるのです。

あと、和式から洋式へのトイレ交換などもできるみたいですね。も